アルジャーノンに花束を :Chary(1968/US)

E70.0 古典的フェニルケトン尿症

【staffs】ラルフ・ネルソン監督
クリフ・ロバートソン(Charly Gordon)、クレア・ブルーム(Alice Kinian)、レオン・ジャニー(Dr. Richard Nemur)、リリア・スカラ(Dr. Anna Straus)
【prises】アカデミー主演男優賞(クリフ・ロバートソン)
【my appraise】★★★(3per5)
【prot】
 子どもと同じ知的水準にしかない青年チャーリー。彼は、パン屋の雑用で収入を得ながら、外国人向けの夜学に通い文字を学んでいる。夜学の教師アリスは美しい未婚の女性、彼女は知的障害に関する論文を執筆中の大学院生でもある。アリスの強い推薦で、チャーリーは、白ネズミのアルジャーノンに対してしか試みられていない手術を受ける。手術は成功し、チャーリーの知能は瞬く間に高まるが…。
【impression】
 日本では、原作の小説の方が有名で、映画化されたことは余り知られていませんよね(テレビドラマ化されて、ユースケ某が、チャーリーを演じたそうですが、そういったものを見るほど、悪趣味ではないので、ここでは伏せておきます)。 この映画、原作と違って、チャーリーがアリス(クレア・ブルーム:右写真)のお尻や胸を目で追ったり、レイプしかけたりと、結構アダルトな内容となっています。
 この映画の最大の欠点は、チャーリー役のクリフ・ロバートソンが、知的障碍を演じるのが、あまり上手と思えないというところです。ちょっと思いつくだけでも、ここ10~20年名優と言われる俳優は、知的障碍を積極的に演じています(受賞は全てオスカー)
◎レオナルド・ディカプリオ(ギルバート・グレープ:助演男優ノミネート)
◎ショーン・ペン(アイアムサム:主演男優ノミネート)
◎トム・ハンクス(フォレスト・ガンプ/一期一会:主演男優賞受賞)
◎ケヴィン・ベーコン(ウィズ・ユー)
◎ジュリエット・ルイス(カーラの結婚宣言)
◎キューバ・グッディング Jr(僕はラジオ)
◎ビリー・ボブ・ソートトン(スリング・ブレイド→知的障碍というより、特異的発達障害?)
◎ダスティン・ホフマン(レイン・マン→間口を自閉症まで広げると:主演男優受賞)
 これらとと比較すると、クリフ・ロバートソンの演技のレベルは相当低いように思います。だけど、これで、クリフ・ロバートソンはオスカーもらっているようなので、当時の演技レベルだと、この程度で評価されたということなのでしょうか。
 また、専門機関が考証を手伝っているようですが、俳優さんが、現在の科学の知識からすると、随分変なことを言ったりしています。これはやむをえないのでしょうね。 「知的障害を脳手術によって治療する」という発想そのものが、今じゃ考えにくいですし(この頃のアメリカは特に外科手術信仰が強かったのでしょう)。
 それに、70年前後に流行ったような凝りすぎの映像がかえってしらけるなど、全般に、原作の域には達していないように思います。

【medical view】
 原作では、チャーリーの知的障害の原因は、フェニルケトン尿症となっています(映画の方では触れられていません)。 フェニルケトン尿症は、常染色体劣性遺伝病の代謝異常で、日本では8~10万人に1名くらいの発症率だそうです(ちなみに、欧米では1万人1人、中国では1万5千人に1人のようです)。 遺伝子の欠損によって、必要な酵素(アミノ酸の1つフェニルアラニンをチロシンという別のアミノ酸に変える酵素)が作られず、血中に有害な物質(フェニルアラニン)が蓄積され、それが中枢神経の発育を阻害し知能障碍を引き起こしたり、 赤毛、色白などのメラニン色素欠乏を引き起こすという病気です。逆にいえば、神経が十分に育つまでの期間、フェニルアラニンが含まれた食品(タンパク質を含む食品にはだいたい含まれます)をとらなければ良いことになります。 ということで、少なくとも先進国では、早期発見によって、完全に対処されています。 日本でも、1977年以来、生まれて数日のうちに検査して(このとき類似の疾患を合計5種類検査します)います。 しかし、フェニルケトン尿症の子どもは、一般の食事は制限され、しかもフェニルアラニンの含まれない不味いミルクを補助的に飲むという生活を続けるわけで、結構大変なことと思えます。 給食とかも食べられず、弁当を持参しなくてはならないということで、大変ですねえ。 まあ、食事以外は、全く普通の生活を送れるわけですから、そう悲観することではないのかもしれませんが、ご家族やご本人のご苦労はいかばかりでしょうか。

 フェニルケトン尿症は、遺伝病の中でもメンデル遺伝するもので、父親・母親、両方がこの遺伝子を持つ場合にのみ、子どもに症状が現れます(常染色体劣性遺伝)。父親と母親は、フェニルケトン尿症をもたらす遺伝子の変異を持ちながら、なんら特別な症状はもっておらず、フェニルケトン尿症の子どもが産まれて初めて自分がその遺伝子を持っていることに気がつくというわけです。8~10万人に1人がこの病気に発症するということは、300人に1人はこの遺伝子を持つ人がいるということになります。もっとも、こういうタイプの遺伝病(常染色体劣性遺伝病)は1,500種類あり、どんな人でも少なく見積もって3つ程度の遺伝子変異を持つという計算になるのだそうです。つまり、誰もが少なからず遺伝的な負因を持っているとことですね。「ロレンツォのオイル」のところで述べたことと重なりますが、「遺伝病」を忌避する精神が、小市民的利己的であるばかりでなく、いかに非科学的であるかということが分かります(自己中心的で頭が悪いということですね)。もっとも、近親結婚・出産はやめた方が良いというのは、間違いないですね。
 フェニルケトン尿症の遺伝子は、1986年に初めて見つかりましたが、その後、350種類の異なる遺伝子が見つかっています。要するに1つの病気でありながら、その原因は350通りある(そのどれもがフェニルケトン尿症を起こす)ということになります。その中には、治療の必要がない軽症例もあったため、昔から知られているフェニルケトン尿症のことを、「古典的フェニルケトン尿症」と呼ぶのが正式になっています。当然、生後すぐにフェニルケトン尿症としてマススクリーニングされた子どもの中にも、軽症例や一過性の症状を持つ方が含まれていたことになり、見直しが必要になってきているところです。

 フェニルケトン尿症は、昔から知られている遺伝病でした。それが早期発見・対応により、障碍を持つことなく生活が送れるということで、戦後の医学・公衆衛生学への大きな成果であり、人類の期待・希望の手掛かりでもありました。しかし、現在では、病気の多くはそう単純ではないということが分かってきており、フェニルケトン尿症の見方自体も仕切治しがなされているということです。

 いずれにせよ、チャーリーのような人は今や生まれなくなっています。 これもまた、大きな科学の勝利です。 そいうことで、原作が書かれた時代は、チャーリーの脳手術はSFといえたが、今やSFとしても成立しないということです。
【tilte, subtilte】
 原題は、主人公の名前「CHARLY」(ただし「R」は左右非対称の文字→主人公が知的障害でRを左右非対称に書いてしまうことを表したもの)。 公開時の邦題は「まごころを君に」(すごいタイトル…)。 その後、ダニエル・キースの原作が「アルジャーノンに花束を」という邦訳でヒットし、この邦訳がそのままDVDタイトルとなった。
 「アルジャーノン」は、主人公チャーリーと競う脳手術が行われたネズミ。 「まごころを君に」よりは、「アルジャーノンに花束を」の方がまともか。 「アルジャーノンに花束を」というタイトルは、あまり良いタイトルとは思わないが、原作の邦訳が出版された当時の日本(1980年代)の心理系女子の心を捉えたという意味では評価できる。

【books】
原作はロングセラーです。チャーリーの知能の変化を文体によって表現する手法は、小説ならではで、見事です。
【videos, DVDs】★★★
以前、ビデオ、LDが発売され絶版になっていましたが、最近、DVDセル・レンタルがでました。ただ、ショップには余り置いていないようで、ネットレンタルを利用するしかなさそうです。

↓参考になったら、是非、人気ブログ投票してください↓
(アクセスすると投票したことになります)

人気blogランキングに投票

[PR]
by harufe | 2005-06-23 18:00 | ICD E00-E90内分泌栄養代謝疾患


<< ダンサーインザダーク Danc... 酔いどれ天使(1948/JPN) >>