ラストコンサート Dedicato a una Stella / THE LAST CONCERT (1976 / Ita, Jpn)

 C95 細胞型不明の白血病

【copy】
だれかに生きる勇気を与えたとき、天使って涙を流すのですね…


【staffs】監督・脚本:ルイジ・コッツィ、製作:オヴィディオ・G・アソニティス、古川勝美、音楽:ステルヴィオ・チプリアーニ
出演:リチャード・ジョンソン(Richard)、パメラ・ヴィロレージ(Stella)、リカルド・クッチョーラ(Stella's Father)、マリア・アントニエッタ(Simone)
【prises】(not worth mentioning)
【prot】
 フランスブルターニュの病院で、白血病で死期が近い少女と、落ちぶれたピアニストが出会う。少女は父を求めるが叶わず、ピアニストは、往年の夢に再起する…。
【my appraise】★★(2 per5)
 う~ん。30年前はさておき、さすがに、今これをみるとしんどいです。筋は素直で嫌いではないのですけど、時代と共に擦りきれているというのは、このことだと思いますが、特に音楽は聴くに耐えません。こんな音楽で作曲家の夢を追いかけるなんて…と、冷え冷えとします。
 そころで、なぜイタリア映画がフランスで撮影されて英語でしゃべっているのだろうか。しかも日本とイタリア共同製作って?
 南仏の映像は、大変きれいです…。
【staffs】
 パメラ・ヴィロレージって、今の基準からいうと、ちょっと厳しくないでしょうか。『スターウォーズ』のレイア姫もそうでしたが、この頃はこういうルックスが好まれたのでしょうね。そういえば、『コーマ』のジュヌヴィエーヴ・ビジョルドもそんな感じですね。特にパメラ・ヴィロレージは、メイクのせいか、随分、年齢が高く見えるような場面があります。

【medical view】
 この頃は、まだ、白血病は不治の病であったということですね。はい。それだけです。
【tilte, subtilte】

【books】
【videos, DVDs入手しやすさ】★★★
 最近DVDがレンタルになりました。ネットレンタルショップを利用しましょう。そこまでして見る映画じゃないですが。

↓参考になったら、是非、人気ブログ投票してください↓
(アクセスすると投票したことになります)

人気blogランキングに投票

[PR]
by harufe | 2005-07-25 14:19 | ICD C00-D48新生物


<< フラットライナーズ flatl... コーマ coma (1978/... >>