カテゴリ:ICD I00-I99循環器系の疾患( 4 )

溶ける糸 (1973/US)

I71.1 胸部大動脈瘤,破裂性

【staffs】脚本:シャール・ヘンドリックス、監督:ハイ・アヴァバック
出演: レナード・ニモイ(バリー・メイフィールド医師)、アン・フランシス(シャロン・マーチン看護師)、ウィル・ギア(エドモンド・ハイデマン博士)
【prises】(not worth mentioning)
【my appraise】★★★( per5)
【prot】
 胸部外科医メイフィールドは、ハイデマン博士の下で働くエリート医師。彼は、ハイデマン博士の胸部大動脈瘤の主治医でもある。
 最近、メイフィールドは、心臓移植の拒絶反応を抑える新技術の発表をあせっている。しかし、ハイデマン博士は慎重。他から共同研究者を呼ぶ手はずをすすめており、それを知ったメイフィールドを刺激する。
 ハイデマン博士の動脈瘤は手術を要し、メイフィールドの手により、手術は無事終わる。しかし、看護師シャロンは、その手術で「何か」に気づいてしまう。彼女が自分の疑問を確認する最中、シャロンはメイフィールドに殺害されてしまう…。
【impression】
 本作は初期コロンボの中でも「二枚のドガの絵」と並ぶ代表作とする人もいるようです。落ちは、エラリー・クイーンを引用しているらしいが、ミステリーとしてよくできているように思います。
初期シリーズの中で、1つの作品の中で三件も殺人(1件は未遂)があるのはこれだけです。その他の特徴としては、捜査中はおとぼけのコロンボが、犯人に向かって本気で怒るのは「自縛の紐」とこれくらいで、ベトナム戦争の陰があるのは、多分「第三の終章」とこれだけです。なにより、病院モノも、これだけでしょう(精神科関連では、他に2作ありますし、新コロンボでは歯科もありますが)。
【staffs】
 レナード・ニモイは、1960年代の『スター・トレック』のバルカン星人スポック役でオールドファンにはたまらない配役です。
 アン・フランシスは、5歳頃よりTVの子役スターで活躍し、「ソープ・オペラのお姫様」(ソープオペラとはいわゆる「昼メロ」のこと)と呼ばれたほどです。主にテレビで活躍し、「ハニーにおまかせ」のハニー・ウエスト役で、ゴールデン・グローブ賞を受賞しています(右の写真は、その頃の写真。キュートですね。)。コロンボシリーズには、「死の方程式」のベティ役(どら息子の主人公が勤める会社の秘書で主人公の恋人役)にも出ています。

【medical view】
 胸部大動脈瘤とは、その名の通り、胸部の大動脈が瘤(こぶ)のように膨らみそこが脆くなり、下手をするとそれが破裂して大出血を起こし、放っておけば死に至る病気です。 大動脈は、心臓のポンプから血液が直接流出する一番圧力が大きい場所です。動脈硬化によって血管が脆くなっていると、胸部あるいは腹部の特定の部分に、瘤が形成されてくるというわけです。動脈硬化を起こすような欧米流の食生活(脂肪・コレステロール・砂糖・果糖・アルコールの摂りすぎ、食物繊維・豆類・ビタミンE・β-カロチンを摂らない、早食い、食べ過ぎ)をできるかぎり慎み予防することが重要な病気ということです。詳しくは国立循環器病センターのHPを参照下さい(下図も同センターのHPより)。



 ところで、本作品のネタになった「溶ける糸」とは、吸収性の縫合糸=体内で異物と認識されて、マクロファージに分解される素材でできている手術用の糸です。糸が残るとそれが結石を作る危険性がある胆管や尿管では用いませんし、循環系特に心臓や大動脈で使うことはありえないでしょう。だから、この作品の一番のミステリーは、胸部大動脈瘤の手術に本当に吸収性縫合糸を使ったら、人を確実に殺せるのであろうか?ということ、更に、病理解剖をしてもそれが分からないのだろうか?ということです。この作品がつくられた30年前、どんな吸収性縫合糸があったのかということにもよるのでしょうが。

 さて、この作品は、医学の歴史からみても、大変興味深い内容となっています。というのも、作品内では明らかにされていませんが、メイフィールドが開発していたのは免疫抑制剤であることが想定され、1980年代に広く使われるようになった画期的な免疫抑制剤シクロスポリンを予測させるものとなっているからです。シクロスポリンの開発により、臓器移植は新時代に入り、心臓移植は一般的な医療技術となりました。
 心臓移植自体は、1967年12月3日南アフリカのバーナード医師のチームによって初めて行われました。バーナードはアメリカで教育を受けた心臓外科医ですが、アメリカではすでに心臓移植は心臓外科的には技術上の課題は解決され、よりよい免疫抑制剤を待っていた状態でした。実際、アメリカで最初の心臓移植を手がけると多くの専門家に思われていたスタンフォードのノーマン・シャムウェイは、1961年から心臓移植の準備を整えていました。したがって、バーナードの心臓移植は、免疫の問題が片づかないうちに相当な無茶をやったと言ってよいでしょう。実際、彼の最初の心臓移植の患者ルイス・ウォシュカンスキーは、術後18日生きたにすぎません。しかし、バーナードの無謀なトライアルの後、1968年は「移植の年」と呼ばれるほど、多くの無謀な心臓移植(105件)が行われました。その結果、19人が手術中に死に、24名が3か月、2名は6~11か月、1名が約1年生存したに過ぎません。

 現在では、心臓移植や肝臓移植は、ごくありふれた技術の1つとなっていますが、脳死判定をはじめ倫理的な問題が解決したわけでありません。
 これらについては、今後『21グラム』『ハート』『コーマ』『ボディバンク』『ニコラスの贈り物』でもとりあげるつもりです。
【tilte, subtilte】
 原題“A Stitch in Crime”は、ことわざ“A Stitch in Time (Saves Nine)”(すぐ一縫いしておけば後の9針はいらなくなる)にかけたタイトルということです。「溶ける糸」という訳もサスペンスっぽくて良いタイトルですが、ややネタバレっぽいですね。

【books】
 今回も、町田暁雄氏「刑事コロンボ読本」を全面的に参照させていただきました。
 心臓移植については、グレゴリー・E・ペンス「医療倫理2」を参照しました。
【videos, DVDs入手しやすさ】★★★★

↓参考になったら、是非、人気ブログ投票してください↓
(アクセスすると投票したことになります)

人気blogランキングに投票

[PR]
by harufe | 2005-07-22 22:10 | ICD I00-I99循環器系の疾患

ビヨンド the シー(2004/US)

I09.9 リウマチ性心疾患,詳細不明

【staffs】監督・製作・脚本:ケヴィン・スペイシー
ケヴィン・スペイシー(ボビー・ダーリン)、ケイト・ボスワース(サンドラ・ディー)、ジョン・グッドマン(スティーヴ・ブラウナー)、ボブ・ホスキンス(チャーリー・マフィア)、ブレンダ・ブレッシン(ボリー・カソート)、ウィリアム・ウルリッチ(少年時代のボビー)
【prises】
 ゴールデン・グローブ賞男優賞(コメディ/ミュージカル):ケヴィン・スペイシー)ノミネート
【my appraise】★★★(3 per5)
【prot】
 リウマチ熱で心臓に障害を受け、15歳までしか生きられないと告げられた少年ボビー。自分に残された時間が少ないことを意識した彼は、「25歳までに伝説になる」と心に決め、ショービジネスの世界に足を踏み入れる。歌手としてラスベガスで大成功をおさめた彼は、キュートで幼い女優を妻とする。しかし、自分の出生の秘密を知り、ベトナム戦争の中、新しい途を模索始める…。
 50~60年代アメリカショービズ界を席巻し、シナトラと並び称されたボビー・ダーリン。彼の短い人生をケビン・スペーシーが、製作・監督・脚本・主演の全てをこなして表現した渾身作。
【impression】
 軽快な音楽とダンス、厭きさせない展開、なかなかの力作だとは思います。ただ、どうしても44歳のケヴィン・スペイシーが10代から37歳までのボビー・ダーリンを演ずるのがかなり無理があります。もう10年若い頃に、演じてくれればなあ、という感じですね。
【staffs】(左:Sandra Dee/右:Kate Bosworth)
 映画のパンフレットにも書いてありましたが、サンドラ・ディーにケイト・ボスワースをキャスティングするケヴィン・スペイシーのセンスが良いです。ケイト・ボスワースは『モンタナの風に抱かれて』でデビューしたのだそうですが、全く気がつきませんでした。
 彼女は、サンドラ・ディーを演じるにあたってのエッセンスは「スクエアであること」だったのだそうです。「50年前の人たちは、今と違ってみんなスクエアでどこか堅苦しいでしょ。表面は何事もないように振る舞っていても、閉ざされた扉の内側では様々なことが起こっていた。それを演じるのが魅力の1つだは。」と語っています。なるほどなあ。ハリウッドの商業主義を非難する人もいますが、このレベルの女優が、これだけのことを考えている底力はすごいものだと感心します。

【medical view】
 リウマチ熱は基本的に学童がかかる病気で、溶連菌という細菌に感染し、風邪様の症状(扁桃炎・咽頭炎、猩紅熱など)を示した後、発疹、発熱、鼻血や関節や筋肉の痛み、あるいは心臓障害を起こします。これらは、溶連菌感染による細菌アレルギーと考えられています。ペニシリンによって溶連菌を叩き、炎症に対しては、アスピリンかステロイドを使うという、極めて古典的な対応で治療可能な病気です。一度、リウマチ熱に感染すると急性期を過ぎた後も、心臓内膜の炎症は持続し、心臓弁膜症を引き起こし、最悪ボビー・ダーリンのように死亡します。
 現在、先進国では、そもそも子どもの溶連菌に感染が減っていますし、仮に感染してもきちんと治療されればリウマチ熱は予防でき(時々ヤブ医者が見逃すそうですが)、また全く治療を行わなくても、リウマチ熱を発症するのは1%以下ということです。これには、溶連菌自身の性格が変わってきたという説もあるようですが不明です。ところが、発展途上国ではいまだリウマチ熱が大きな問題ですし、リウマチ性弁膜症はいまだに主要死因の1つです。
 発展途上国では、①住環境や生活環境が溶連菌感染を起こしやすい、②栄養状態が悪く感染やリウマチ熱発症を起こしやすいということが考えられますが、これまた詳細不明です(以上、主として国立健康・栄養研究所吉池信男先生の論文を参照しました)。ちなみに、最近では、一般的に「リウマチ」という言葉は、慢性関節リウマチの意味で使われていますよね(以前は、関節痛全般をもう少し広く使われていました)。慢性関節リウマチとリウマチ熱は、全く異なる病気です。
 いずれにせよ、ボビー・ダーリンが生きた時代は、アメリカも今の発展途上国と余り変わらない状況だったということでしょう。
 ところで、もし、ボビー・ダーリンがリウマチ熱でなく、「25歳で伝説になる」という覚悟を決めなかったら、彼の成功はどうだったでしょうか。もちろん、だから、病気だった方が良かったとまでは言うつもりはありませんし、ボビーがリウマチ熱でなかったとしても、彼は成功していたかもしれませんが。

【tilte, subtilte】
 the だけをアルファベット表記で残したのは、何かの拘りなんでしょうか。

【books】
【videos, DVDs入手しやすさ】-
 近くDVDが発売・レンタルリリースされることと思います。

↓参考になったら、是非、人気ブログ投票してください↓
(アクセスすると投票したことになります)

人気blogランキングに投票

[PR]
by harufe | 2005-07-15 23:28 | ICD I00-I99循環器系の疾患

刑事コロンボ第5シーズン~忘れられたスター Forgotten Lady (1975 / US)

I67.1 脳動脈瘤,非<未>破裂性

【staffs】監督ハーヴェイ・ハート、脚本ウイリアム・ドリスキル
ピーター・フォーク(コロンボ刑事)ジャネット・リー(グレース・ウイラー)、モーリス・エヴァンス(レイモンド)、サム・ジャッフェ(ヘンリー・ウイリス博士)
【prises】(not worth mentioning)
【my appraise】★★★(per5)
【prot】
 往年のミュージカルスターのグレース・ウイラーは、自ら出資してまでカムバックを果たそうとしている。しかし、引退した医師の夫ヘンリーは、その出資に反対している。グレースはどうしても譲らない夫を、自殺に見せかけ銃殺してしまう。ヘンリーは前立腺の手術を勧められており、それを苦に自殺したと見られたが…。
 コロンボ刑事の推理と犯人との対決がいつも通り冴えるが、グレースの隠された持病が意外な結末を呼ぶ。
【impression】
 コロンボ作品の多くの作品に、胸の空くようなどんでん返しが用意されています。その、多くは、コロンボ自身がしかけたもので、逃げおおせたかに思える犯人を一気に追いつめるというものです。しかし、この作品では、ジャネットが疾病による記憶喪失や性格変化に苦しめられていた(伏線はしかれているのですが、追いつめられた犯人の心理や演技と思って見てしまいます)ということで、胸が空くというより、肩すかしをされたような気持ちになります。
 ただ、おそらく、ある程度の年齢に達した方が見れば、グレースやレイモンドに感情移入して見ることになるでしょうし、この肩すかしが、かえって含みのある印象を残してくれることと思います。
【staffs】 映画好きでないと気がつきにくいのですが(私は気がつかなかった)、グレース・ウイラー役のジャネット・リーは、ヒッチコック『サイコ』で有名な冒頭で殺されてしまう女優です。この作品で演じているとおり、1950年代に『Walking My Baby Back Home』でも主役を演じるなど、ハリウッドで成功をおさめたスターの1人です。トミー・リーカーチスと結婚、次女がジェイミー・カーチス。惜しくも、2004年10月5日にお亡くなりになりました。享年77歳。
 この作品に登場時は48歳(映画では実際より老けて見えますね)ですが、写真はお若い頃のものです。それにしても、この頃のハリウッドの女優というのは、特別なオーラがありますね。
【tilte, subtilte】
 “Forgotten Lady”は、もの悲しさが残るこの作品に絶妙なタイトルだと思うのですが、「忘れられたスター」とするとその絶妙さは失われます。しかし、確かに「忘れられた女」ともし難いし、「忘れられた淑女」も語感が悪いし、ぴたりとこないので、しょうがないですね。

【medical view】(ネタバレ)
 脳動脈瘤は、脳の血流によって血管にできる瘤のことで、通常は無症状ですが、これが大きくなって破裂するとクモ膜下出血を引き起こします。クモ膜下出血は、脳動脈瘤破裂以外の理由でも起こりますが、8割方脳動脈瘤破裂で起きるようです。医学が進んだといっても、クモ膜下出血が起きると、とりあえず保存的(対症的)な治療をしつつ、状況を把握した上で再発防止のための手術を行うという対処しかありません。したがって、未だに、クモ膜下出血の死亡率は5割程度と大変高い状況です。
 15年くらい前から、日本では、「脳ドック」が盛んになり、破裂前の脳動脈瘤を発見して、破裂前に治療することが進められてきました。しかし、そもそも、脳動脈瘤の手術は、副作用を遺す場合が希ではありませんから、どの程度どの大きさの動脈瘤であれば手術すべきかという知見が必要です。脳ドックがブームになった当初は、当然こういう知見はありませんので、手術すべきかどうか悩ましいところだったでしょうが、現実には、やや無理をして手術をした場合が少なからずあったのでしょう、一時期「脳ドック」が社会問題になったことがあります(脳ドックそのものの侵襲性(害)は無視してよいのですが、その後に、手術をして後遺症が残った例が多数報告された)。
 脳動脈瘤の場合、破裂するまでは症状が何もない場合が多いのですが、場所と大きさによっては、瘤が脳神経を圧迫することによってなんらかの症状が出る場合があるようです。記憶喪失や性格の変化もその症状の1つですが、この作品のように殺人したことすら思い出せないというところまで行くものなのでしょうか。
 さて、グレースの脳動脈瘤は、この作品の中では治療不可能ということになっています。1930年代から、アメリカでは、すでに金属のクリップで瘤をとめて留置して治療する「開頭クリッピング術」が行われていました。また、この作品が発表された1975年当時は、スイスで開発された顕微鏡下で行うマイクロサージャリーも始められており、どこまで一般的だったか分かりませんが、元ハリウッド女優と医師の夫婦であれば、当然手の届く治療だったでしょう。ということは、瘤の位置が、開頭手術に適さない場所だったということになるのでしょうか。
 1990年には、開頭しないで、細いカテーテル(マイクロカテーテル)を血管の内側から脳の瘤まで通し、コイルを留置するという技術がイタリアで開発されています。この方法(コイル塞栓術)は、日本でも92年から高度先進医療に認められ、97年から保険適用となっています(この当たりの年は不正確です。どなたかお教え下さい。正確になったら、高度先進医療の注釈も書きたいと思います)。コイル塞栓術の方が、開頭に比較すれば、患者への負担も当然少ないのですが、歴史が浅いための予後等が十分分かっていないことと、場所によって開頭の方が良いということも多いようです。また、新しい技術ですから、医師の技術水準にむらがある(やったことがないという医師も多い)こともネックです。
 いずれにしても、この作品が発表されたのが1975年ですから、グレースの脳動脈瘤がもしかりに15年破裂しないでもったとすれば(可能性ゼロということはないでしょう)、コイル塞栓術により治療ができるかもしれません。それでも、記憶がすっかり戻るということはないのでしょうが、もし記憶が戻るようなことがあれば、かえって不幸なのでしょうね。
【books】
 ノベライズが出ています。
この作品とは全く関係ないですが、頭痛が原因で脳動脈瘤が発見され、手術するまでのことを綴った下村治美さん(ジャーナリスト)の体験記はおもしろいです。この分野は進歩が早いので、やや時代遅れになっている部分があるかもしれませんが。
 それから、刑事コロンボシリーズの解説書としては、『刑事コロンボ読本』が超決定版です。普通の本屋で置いていないのが残念ですが、手軽に入手できますので、少しでもコロンボに興味のある方は、是非、購入されたら良いのでは(私も、ちょっとだけファンなのですが、大変面白かったです)。
【videos, DVDs入手しやすさ】★★★★
 刑事コロンボの第1期~第7期まではDVD、ビデオ共にレンタルされています。少し大きいショップなら必ず置いてあります。

↓参考になったら、是非、人気ブログ投票してください↓
(アクセスすると投票したことになります)

人気blogランキングに投票

[PR]
by harufe | 2005-07-09 11:47 | ICD I00-I99循環器系の疾患

ジョンQ 最後の決断 : John Q(2002/米)

I42.0 拡張型心筋症
【copy】
その時、彼は病院を占拠した。

要求はただ一つ、「息子の命を救うこと」

【staffs】監督 :ニック・カサヴェテス
出演 :デンゼル・ワシントン(John Q. Archibald)、ロバート・デュヴァル(Frank Grimes)、ジェームズ・ウッズ(Dr. Raymond Turner)、アン・ヘッチ(Rebecca Payne)、レイ・リオッタ(Monroe)
【prises】(not worth mentioning)
【my appraise】★★★(3 plus per5)
【prot】
 父親ジョンQを中心に親子三人平和に暮らす一家。しかし、ある日突然、息子マイクが倒れた。診察した心臓外科医と病院の院長は、心臓移植の選択を示すが、父親ジョンQの加入する保険では対象にならないという。会社側が最近HMOに切り替えたためらしい。莫大な手術費用を工面するため奔走するジョンQ。しかし、会社側への抗議が受け入れられる途が開けた矢先、病院側は退院を迫る。どうしようもない怒りをジョンQにぶつける妻。ジョンQは、遂に決断する。病院を乗っ取り、息子に手術を受けさせるのだ…。
 アメリカ医療制度の矛盾への強い怒りを投げかけた作品。
【impression】
 アメリカの社会や医療制度のことを頭だけで分かっていても、ピンとこないところが多く、作品そのものに感情移入しにくいかもしれない。
 主演予定のダスティン・ホフマンが降りてお蔵入りしていた映画(ダスティンは、「マスメディア」にスポットをあてたかったらしい)が、ニック・カサヴェテス監督のアメリカ医療制度への怒りによって蘇った。監督自身、娘が重い心臓病を持ち、死にかけている我が子が満足のいく医療を受けられないという問題をつきつけられた経験があるそうだ。
【medical view】
 親が子を思う気持ち、不平等な社会制度に対する怒り…どちらも十分伝わってきたが、私には、どうも違和感が残った。
 心臓移植がHMOの対象外であることへの怒りで始まっている(発見が遅れたことまでがHMOのせいになっているとは、アメリカ人はHMOに相当恨みがある様子(『恋愛小説家』でもやり玉にあがっていた))。一方、日本など皆保険とはいえ、心臓移植はすべからく保険適用ではない。高度先進医療の適用ではあるが、やれるのは国循と阪大のみだし、それ以前に、日本ではドナーが見つからず、お金を作ってアメリカで心臓移植を受けるしかない。ジョンQは、「気軽に」移植してもらおうと考えられる分、恵まれているといえるかもしれない。ただ、日本では、心臓移植の高度先進医療部分が保険外とはいえ、数百万円程度でおさまり、アメリカとは1桁安い。
 結局、お金があれば高い水準の医療が受けられるアメリカと、お金があろうが無かろうが、一定程度の医療しか受けられない日本、どっちが良いかと言うことになると思います。
 私は個人的に、日本の方が好きですし、日本の制度の方が、国民の不満が少ないということはいえると思います。ただ、日本の制度には問題があると言う意見も説得力があると思います。

 更に、この映画は子どもが元気になってハッピーエンドで終えているが、心臓移植の3年予後が7~80%で、10年生きれば良い方、しかも免疫抑制剤を一生飲む生活、本当に大変なのはこれから。本当に残念だし、かわいそうであるが、やはり、「神の与えた試練」と考えるしかないような気がする。だからといって、ジョンQのやったことや心情を否定する気持ちにもなれないのだけど…。
 監督は、俳優や監督の組合が加入する保険会社のランクでは、満足のいく医者すら選べなかったと怒りを隠さない。確かに、日本では、どんな人でも、好きな病院は選べる。しかし、日本では、技術の高い医師を選ぶ以前に、誰の技術が優れているかという情報そのものがない。日本でもデータを集め公開して選択と競争を働かせようという議論がある。まっとうな意見である。しかし、そうなると、当然、選べる人と選べない人が生じ、選べない人の「怒り」という新たな問題が太平洋を渡ってやってくる。
 …などど、映画そのものとは全く関係のないところで、考えさせられました。しかし、監督も医療制度の問題をメインに据えているし、実際、アメリカ国内で医療制度の論争材料になったらしいので、私の見方もあながち、間違ってはいないようだ。

【books】
 ノベライズが出ています。
【videos, DVDs 入手しやすさ】★★★★★
 ビデオ・DVDともレンタルがリリースされています。どのショップにもほぼ必ずあります。

↓参考になったら、是非、人気ブログ投票してください↓
(アクセスすると投票したことになります)

人気blogランキングに投票

[PR]
by harufe | 2005-06-19 08:00 | ICD I00-I99循環器系の疾患