カテゴリ:カテゴライズ( 2 )

カテゴリー(2)親が子を想うということ~13

 幼い子どもが不幸にして病を得た場合、ある意味、本人より悲しい想いをするのはその親かもしれません。また、親に先立つ子どもと子を想う親との関係は、多くの人の胸を打ち、また、多くの人が自分のこととして感情移入することのできるものではないでしょうか。

 仏教では(少なくとも日本の仏教では)、親に先立つことを、親不孝の罪としているようです。親不孝の罪をおかすと、閻魔様によって天国に行けず、賽の河原で永久に石を積んでいなくてはならないのだそうです。それを救うのが、お地蔵様ということのようです。ただ、普通は、自ら望んで親より先に死ぬよりも、病気や災害や戦争などで死ぬわけですし(あるいは、親がとてつもなく長生きかもしれませんが)、その罪を子どものせいにするのは理不尽な気がします。人工妊娠中絶した場合、胎児自身がその罪を負うという理屈で、水子地蔵に供養するのだという話を聞くと、どうも違うのではないかという気がしたりします。親より先立つことによって、親を悲しませてはならない、というところから来た「罪」なのだと思いますが、やや親の身勝手という領域に入っているような気がします。ただ、「先立つ不幸をお許し下さい」というメンタリティは、日本人的には、とてもよく分かるところではあります。

 幼い子どもが不治の病に冒された場合、どうしても、少しでも長く生きて欲しいという親の想い、もうこれ以上子どもの苦しむ姿を見たくないという親の想いなど、様々な親の気持ちが錯綜するのだと思います。ただ、それが、医療というパワーを得た場合、苦痛を伴った延命や逆に「安楽死」を可能にすることを考えると、ややこしい話になってくると思います(もちろん、積極的な「安楽死」はオランダでもない限り認められていませんが)。

 一方で、子どもを救う途があるのであれば、親はなんだってするというのが、これまた親心です。ただ、それが、凶悪な犯罪ともなれば、それで傷つく人もいるわけで、これまた困った話になります。

 といったように、重い病気に冒された子を持つ親の話は、映画のテーマに事欠きません。ここでも、そういった映画を取り上げてみました。


 ↓こうしてみると、母と息子を巡る話が一番多いですね。母親が中心になりがちなのは、母性愛や子育てにおける母親の役割、あるいは、離婚した場合に母親が子どもを引き取ることが多いということなのでしょうか。つまり、背景に、固定的な性役割意識が隠されているということですね。また、エディプス複合で代表されるような母・息子の関係を想定すると、「母と息子」という組み合わせが特に多いのも理解することができましょう。
 特殊な場合ですが、「マイフレンドメモリー」のところで書いた「伴性劣性遺伝の母(保因者)→息子(発症者)関係における母の「罪意識」」ということもあるでしょう。伴性劣性遺伝の難病は、副腎白質ジストロフィー以外にも、血友病、ドゥシャンヌ型筋ジストロフィー、一部の運動ニューロン疾患、一部のライソゾーム病、腎性尿崩症(伴性劣性遺伝の腎尿細管の水再吸収不全を原因)などあり、神様も随分残酷なことをするものです。伴性劣性遺伝でなくとも、21番トリソミーのような染色体異常や、垂直感染するものも、母親は、自分を責める気持ちが生まれるのでしょうか。最も、垂直感染するものは、事前にそのリスクを想定できますし、予防したりリスクを避けることができるので、同じ枠で考えるのべきではないですね。

 それにしても、父・娘という組み合わせがないのは妙な感じがします。

【主として母と息子】
●トーマス・フラッド「ママ、泣かないで」(1983) 白血病
●ペニー・マーシャル「レナードの朝」(1990)脳炎後パーキンソン症候群
●ピーター・ホートン「マイフレンドフォーエバー」(1995)後天性免疫不全症候群
●ジム・エイブラハムズ「誤診」(1997)てんかん
●ピーター・チェルソム「マイフレンドメモリー」(1998)
●チャールズ・マクドガル「HEART」(1999)
●レア・プール「天国の青い蝶」(2004)脳腫瘍

【主として母と娘】
●ゲイリー・マーシャル「カーラの結婚宣言」(1999)知的障碍
●デビット・フィンチャー「パニック・ルーム」(2002)1型糖尿病

【主として父と息子】
●バーベット・シュローダー「絶体×絶命」 (1998)急性白血病
●ニック・カサヴェテス「ジョンQ/最後の決断」(2002)

【両親と子ども】
●野村芳太郎「震える舌」(1980)破傷風
●ロバート・マーコウィッツ「ニコラスの贈りもの」(1998)交通事故死


↓参考になったら、是非、人気ブログ投票してください↓
(アクセスすると投票したことになります)

人気blogランキングに投票


[PR]
by harufe | 2005-07-05 11:22 | カテゴライズ

カテゴリー(1)天才と病~14作品

 「クリエイティブ・イルネス」という言葉は、ご存知の方も多いでしょう。
 精神医学者HFエランベルジュ(一般には「エレンベルガー」で知られていますが、フランス語圏の人なので、相互主義に乗っ取れば「エランベルジュ」の方が正しい)が言い始めたことのようですが(河合隼雄が言い始めたことでは、決してない)、芸術や天才の創造性が狂気や精神的な病によってインスパイヤーされる場合のことを言うのだそうです。

 専門家に指摘されるまでもなく、カフカやシーレやフィッツジェラルドの作品は、どこか狂気と隣り合わせであるような気がします。
 ドストエフスキーの作品は、てんかんの大発作で得られる恍惚感と無縁ではないような気がしますし、芥川の傑作は病勢が増した時に集中しているのだそうです。ゲーテについては、そううつ病、「もっと光を!」と季節変動性気分障害の関係とその作品の関係を指摘する人もいるそうです。イタリア紀行には、そういう見方を彷彿とさせます。また、進行麻痺は、ニーチェに天才的思索をもたらしたとも言われており、そうすると、シューベルトやベートーベンもボードレールもショーペンハウエルも…と当時の天才の多くが、梅毒スピロヘーターに霊感を得たなんていう解釈も可能かもしれません。
 このような領域の研究は、病跡学pathographyとして、確立されており、なかなか興味深い研究分野です。日本だと漱石の研究が盛んなようですね(漱石は統合失調症あるいは気分障害近縁の疾病で、現在の松沢病院で治療も受けていたそうです)。

 こういった病と創造性の関係は、なにも、こころの病だけではないような気がします。

 例えば、漱石の作品も修善寺の大患(胃潰瘍による大量吐血)で臨死体験をしたことが、その後の作品に大きな影響を与えています。
 ベートーベンも耳が聞こえなくなったことが悲劇のように言われますが、かれの傑作の大部分は、難聴が相当進展して以降であり、その意味では、彼の作品は難聴という試練と困難がなかったら生まれなかったかもしれません。
 
 特に、結核と芸術の関係は興味深いものがあり、キーツ、ショパン、宮沢賢治、正岡子規、堀辰雄は言うに及ばす、結核という病気そのものがロマンチックで、芸術そのものと密接につながると考えられていた時代があります(詳しくは、福田眞人氏の名著「結核という文化」をお読み下さい。)

 ただ、もちろん、病が、創作活動に負の面の影響をもたらすことも少なくないでしょう。
 例えば、漱石を苦しめた胃潰瘍は、彼に転機を与えたかもしれませんが、結局は胃潰瘍で死ぬわけですから。
 シューマンは自殺未遂後、晩年を精神病院ですごしますが、それ以前から、創作活動は変調をきたしていました。彼の病気についても、色々と諸説紛々としているようですが、梅毒というのが定説のようです。進行麻痺で霊感を受けたかもしれない天才達は、梅毒により早逝したというわけです。
 シューマンは8歳の時からピアニストに目覚め、20歳の時にクララの父親のところに師事します。しかし、21歳に指に障碍が現れ、ピアニストを諦め、文筆業・作曲家に転身することになりました。ただ、当時は、ピアニストが最も脚光を浴びる職業で、モーツァルトやベートーヴェンですら、ピアニストとして成功した後に作曲家への途が開けているのです。
 そのことがあったのか、クララと恋に落ちてしばらくは、自分の鬱屈をぶつかるかのようにピアノ小品ばかりを書いています。そのお陰かどうか、クララはピアニストとして成功しますし、我々は、素敵なシューマンの小品を聞けるというわけです(なぜか、結婚後は、全く、ピアノ小品はかいていませんが、「釣った魚にはえさをやれない」というレベルの話ではないようです)。
 ところで、シューマンの指の障碍についても、その原因が梅毒あったという有力な説の1つがあります。そうなると、作曲家として成功したのは、梅毒のよって指が動かなくなったおかげという見方もできなくはないですね。
 
 話をもとに戻して、病が天才の全てを奪う、という面で最も分かりやすいのは、ルーゲーリックのような場合です。彼は、アメリカでは「ルーゲーリック病」で知られるALS(筋萎縮性側索硬化症)に選手生命を奪われ、引退2年後死亡してしまいました。彼の場合は、病は、全く負の影響しかありえません。

 1人の天才や偉人の身体的な病や死因の分析・検討は、医学専門誌、学会誌(New Eng J Med, Lancet や更に個別診療科の雑誌)に散見されるところです。早川智氏によれば、この分野では、Trebor-Roperによる"The World Through Blunted Sight."が古典的名著ということです。日本語ですと、早川氏自身による『ミューズの病跡学1音楽家編』『ミューズの病跡学2美術家編』が大変お薦めです。
 ただ、こういった内容は専門的で、一般の人には難しいし、そもそもなかなか目に届きにくい情報です。私の知る限り、リチャード・ゴードン(特に「歴史は患者でつくられる An alarming history of famous and difficult patients」)が、一般向けに書かれた著書の嚆矢ではないでしょうか。翻訳者の小林武夫氏が「歴史は患者でつくられる」の後書きに、「ゴードン博士の論旨の進め方は病跡学(pathography)という手法に近い。」と書いておられますが、私も同じ感想を持ちました。日本では、神経内科(Neurology)の分野に限れば、小長谷正明氏の「ヒトラーの震え 毛沢東の摺り足」が名著(しかも平易)であります。なお、前述の早川氏の『ミューズの病跡学』も、分かりやすく面白く書かれていますが、多少の医学知識が必要です。
 いずれにせよ、「病跡」や「病跡学」という言葉が精神科に限定されて語られることが多いのですが、それだと、天才と彼が生きた時代を、あまりにも矮小する嫌いがあるようにも感じます(別に精神科が矮小だといっているわけではないですが)。

 ということで、映画に見る「天才と病」というカテゴリーで、いくつかの映画をまとめてみました。詳しい病跡の分析を行うのは私の力の及ぶ範囲ではありませんし、私の意図とも異なります。これまで知られている病跡をもとに映画をみることによって、違う魅力も発見してもらおうという趣旨です。是非、気軽に読んでください。
(夏目漱石の生涯を素材にした映画が作成中ということで、楽しみです)

 
(病の苦しみが天才を目覚めさせる)
●『マイレフトフット(1989)』~クリスティ・ブラウン:脳性麻痺
『不滅の恋 ベートーヴェン(1994) 』~(楽聖)ルードウィッヒ・フォン・ベートーヴェン:耳硬化症&鉛中毒の疑い
●『葡萄酒色の人生 ロートレック(1998)』~アンリ・ド・トゥールーズ:濃化異骨症の疑い
●『フリーダー(2002)』~フリーダ・カーロ:小児麻痺、交通外傷
『ビヨンド the シー 夢見るように歌えば (2004)』~リウマチ熱
『Ray/レイ(2004)』~(盲目のジャズミュージシャン)レイ・チャールズ:緑内障

(病と天才の気まぐれな関係)
●『ゴッホ(1990)』~ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ:ジギタリスの副作用の疑い
●『ニジンスキー(1979)』~ニジンスキー:統合失調症
『ビューティフル・マインド(2001)』~(天才数学者にしてノーベル経済学賞受賞者)ジョン・ナッシュ:統合失調症
●『シャイン(1995)』~デイヴィッド・ヘルフゴッド:統合失調症

(天才を奪った病)
●『エゴン・シーレ(1980)』~エゴン・シーレ:インフルエンザ(スペイン風邪)
●『打撃王(1942)』~(鉄人)ルー・ゲーリック:筋萎縮性側索硬化症
●『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ(1998)』~ジャクリーヌ・デュ・プレ:多発性硬化症


(歴史と病気)
●『ヒトラー~最後の12日間~(2004)』~ヒットラー:パーキンソン病


↓参考になったら、是非、人気ブログ投票してください↓
(アクセスすると投票したことになります)

人気blogランキングに投票

[PR]
by harufe | 2005-06-27 10:49 | カテゴライズ